s メルカリツール「フリマキング」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

メルカリツール「フリマキング」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

買い切り型メルカリ再出品ツールの「フリマキング」をレビュー

メルカリ専用ツールでは珍しい買い切りタイプの「フリマキング」って?

メルカリ専用の出品ツールはそのほとんどが月額費用を払うタイプになっていて、月に全く利用していなくても毎月費用を支払う必要性があります。利用期間が長ければ長いほど、どんどんツールの利用料がかさんでいってしまいます。せっかくツールを導入してメルカリで稼げるようになっても、ツールの利用料で利益が減ってしまってはもったいないですよね。

しかし、フリマキングは買い切りタイプなので追加料金が一切発生しません。初回費用のみで後は何か月使おうと費用は発生しないので、メルカリで稼いだ純利益を減らすこともありません。今までは月額タイプが主流でしたが、買い切りタイプの出現によってどれほど変わるのか、また、機能面はどれくらいの性能なのか、細かくレビューしたいと思います。

大雑把に搭載されている機能を紹介すると、パソコンからの出品・予約出品・ワンクリックで再出品・自動削除など、メルカリで稼ぐために必須と言える機能は全て搭載されています。さらには無料でサポートが付いてきて定期的にアップデートも行っているとのことです。では、各種機能のレビューを紹介します。

fk_header01_02加工

http://www.internal.co.jp/products/marketing/furimaking/about/


フリマキングに搭載された機能をレビュー

以下はフリマキングの紹介をしているサイト(http://www.internal.co.jp/products/marketing/furimaking/about/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪パソコンを使ってメルカリに簡単出品≫

メルカリ専用ツールでは代名詞と言えるパソコンからの出品機能!フリマキングはツール型で、パソコン上で起動しておけば常に出品情報などを同期し、簡単に商品を出品できます!
レビュー
今はメルカリもパソコンからの出品に対応してますので、そこまで大きな機能ではありませんね。ですが、パソコンからアクセスできるようになったからこそ、以下で紹介している機能が使えるようになっていると考えると、必要になってきますね。メルカリはスマホアプリからの出品しか対応していませんでしたから、当時からすれば革新的な機能だったと言えます。

機能2≪予約出品機能で日時を指定して自動出品≫

出品している商品のターゲット層がアクセスしやすい時間タイにセットしておけば、あとはフリマキングが自動で出品してくれます。売れやすい時間に検索結果の上位に表示されてれば、より売上アップが狙えます。外出したり、仕事でメルカリに触れないときに便利な機能です。
レビュー
主婦層やサラリーマン層など、商品を売りたい対象がはっきりしている場合は、この予約出品でアクセスされやすい時間帯に予約しておくだけで、闇雲に出すより売れやすくなります。後述するループ出品よりも出品数の制限などが任意で行え、起動しておくだけで自動化が可能なので、出品作業時間が大幅に減少させられるでしょう。

機能3≪過去の出品情報を再利用して再出品!自動ループ出品機能≫

商品を一度フリマキングで出品すればデータが保存され、自動ループ機能で一定時間ごとに出品が行われます。予約機能と比べて、商品のターゲット層が広くて一日中出品を繰り返したい場合に便利です。ソフトを起動しておけば、あとは放置しても自動で同じ商品を出品し続けてくれますので、出品作業に時間を取られていた人は大幅に時間短縮が可能です。
レビュー
メルカリツールで最も必要な機能です。予約機能と一緒で出品設定しておくことで外出中でも繰り返し出品してくれます。家電などターゲット層に関係なく売れやすい商品を仕入れている場合、この機能で1時間おきくらいに出品しておけば、確実に人目に付きやすくなるはずです。

機能4≪売れたものリスト機能で利率を一括管理≫

入金と評価が済んだ商品はすべて自動で売れたものリストに追加されていきます。このリストでは売れた商品の販売情報(販売日時、価格、手数料、仕入れ価格、送料、その他諸経費、粗利、利益率)が自動入力されて一括で管理できます。面倒な売り上げ管理も売れた時にすべて自動で行ってくれるので、わざわざ自分自身で管理する必要はありません。
レビュー
販売情報を入力するのが手間かもしれませんが、同じ商品を何度も売っている場合は自動で売上計算をしてくれるのは非常に助かります。売り上げ管理はシートでまとめると手間だったりしますので、自動で行ってくれるこの機能を利用しましょう。

機能5≪指定した時間に自動で商品を削除できる自動削除機能≫

何度も同じ商品を出品していると、もしかしたら在庫以上に注文が入ってしまうかも。その場合、お客さんにキャンセルの連絡をしたりと、あまりいい心証は与えられません。また、売れ残ってしまっている商品も残しておくと見栄えが良くありません。不要になった商品情報は一定時間で削除しておくべきなのです。
レビュー
この機能は上でも紹介した予約機能などと併用して使用するべき機能です。特に売れていない商品はどんどんページの後ろに流されてしまって購入率も下がりますし、管理も非常に面倒になります。もう売れないなと判断されたら早めに削除しておくのがいいでしょう。尚、いいねやコメントがついている商品は後ろに流れてしまっても売れる可能性が残っていますので、消さないようにしましょう。

機能6≪その他実装されている機能≫

以下はフリマキングに実装される機能の一覧です。
  • 取引中商品一覧機能
  • CSV出品機能
  • 取引中商品一覧機能
  • テンプレート管理機能
  • 指定条件の商品を自動抽出するアラート機能
  • メルカリ出品者のお気に入り機能
  • 10種類以上でレア商品を探すフィルター検索機能
  • いいねした商品を一元管理する機能
レビュー
メルカリツールの中でもかなりの機能数を誇っていて、特に珍しいのはフィルター検索機能です。他のツールでは見かけませんが、フリマキング上で細かい設定で商品検索が行えますので、レアアイテムを仕入れたり、利益が取れそうな商品を見つけるのに便利かもしれません(メルカリ内での転売は規約で禁止されているので気を付けましょう。)

ほかにも売り上げ管理や商品出品の作業時間を短縮するために必要な機能が多数搭載されています。中途半端な月額のメルカリツールを使うなら、フリマキングを使ったほうが値段に見合って断然お得だと思います。AKANE072122928_TP_V

フリマキングを使うための買い切り費用をレビュー

フリマキングの料金設定は3種類用意されています。バージョンによって使える機能が変わってきますので一つずつレビューしていきましょう。

フリマキング(通常版)

10種類以上のフィルター検索でレア商品を探したり、いいねした商品の一元管理、出品者のお気に入り登録ができます。出品よりもメルカリで購入メインの方にお勧めです。価格は買い切りで9,800円。
レビュー
出品機能がなく、購入メインの機能になります。メルカリで出品して稼ぎを出すならこのバージョンは買う意味ありません。フィルタの精度は低くないと思いますので、ヤフオクやアマゾンなどに転売目的の人にはお勧めかもしれません。

フリマキング Pro

基本的な出品機能に加えて、ワンクリックで再出品、予約出品、テンプレート管理機能が使えます。メルカリの出品作業短縮に使用するならこのバージョンからを購入する必要があります。価格は19,800円
レビュー
メルカリ出品ツールとしては最低限と言える機能数です。ワンクリック再出品と予約出品だけでも作業時間短縮は図れますが、万全というわけではありません。きちんと時間短縮を図るなら、次のバージョンを買ったほうが絶対お得です。

フリマキング Ultimate

フリマキングの全機能が利用可能。特に自動ループ出品や自動削除、csv一括出品など、便利な機能はこのバージョンで利用可能です。ほかのバージョンとは機能数が段違いなので、メルカリの作業時間を大幅に短縮するならこのバージョンがおすすめ。価格は29,800円。
レビュー
フリマキングの全機能が搭載されたバージョンです。特に自動ループ機能や自動削除機能は売上アップには欠かせない機能になっていますので、できるならこのバージョンを買うのをお勧めしたい。自動削除は無駄な出品アイテムの整頓にも欠かせず、出品作業以外の作業時間の短縮につながります。メルカリを短い作業時間で稼げるようにするならこのバージョンがおすすめです。

imaric20160805210023_tp_v

実際にフリマキングを使えば儲かる?

機能面では一切申し分ないですし、足りない機能があれば定期アップデートで追加してくれているみたいです。特に出品作業で時間がかかっている人にはお勧めかもしれません。とにかく出品数を増やして売れやすくする方法と非常に相性のいいツールに仕上がっていると思います。最近ではせどりの有権者からも推薦されていましたので、メルカリでの売上アップに効果的だと思います。

結果

結果として、メルカリツールでは珍しい買い切りタイプのフリマキングは買いだと思います。メルストライクなど高性能なツールと同等の機能が付いていますし、買い切りタイプなので月額のように毎月支払いがあったり追加料金を取られる心配もありません。

機能面もメルカリの流行りに十分対応できるものがそろっているので、作業時間短縮に十分効果があると思います。できるのあらば一番高いバージョンを使うほうがいいですが、もし料金が高いと感じる人は、月額ツールの値段と比較して3か月くらい使った場合を想像してみましょう。結果として、フリマキングのほうがツール価格が非常に安くなります。

月額タイプは初期投資が安く済みますが、その分毎月料金が発生します。それならば、高性能なツールに一括で料金を払ってしまったほうが断然稼げるようになると思います。

フリマキングの公式サイトはこちら

fk_header01_02

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

SNSでもご購読できます。