s メルカリツール「極メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

メルカリツール「極メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月額制メルカリ再出品ツールの「極メル」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「極メル」の評価評判を紹介

メルカリ専用の出品ツール「極メル」というツールが使えるのかどうか調べてみました!多数あるメルカリ専用ツールの中でも最大手ではないですが、その搭載されている機能にはいくつか気になるものもあります。実際にメルカリで利用したときにきちんと稼げるようになるのかは非常に重要になってきますので、搭載されている機能一つ一つをレビューしたいと思います。機能だけでなく値段やきちんと稼げるのか、細かい部分まで焦点を当てたレビュー紹介をお届けします。

%e6%a5%b5%e3%82%81%e3%82%8b

Copyright © Kiwameru


極メルに搭載された機能をレビュー

以下は極メルの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪登録した商品は1日2回自動で再出品される≫

極メルに登録している商品を1日2回、完全自動で再出品を行います。わざわざツールを起動して再出品の作業をお行う必要もなく、極メルが自動で商品を再出品してくれます。また、商品が売れた場合は30分以内に自動で再出品を行います。
レビュー
自動再出品機能が搭載されているのは優秀ですが、1日2回というのは少し心もとない気がします。メルカリで今主流なのは何回も再出品して商品が人目に付くようにすることです。売れた後の再出品が自動で行われるのは高評価です。この再出品が1日2回に含まれるのかどうかは不明ですが。

機能2≪自動連絡、評価機能で効率が大幅アップ≫

商品が購入されたときに事前登録しておいた定型文を自動で送信して作業時間を短縮できます。支払い待ちと発送待ちなど、購入パターンに合わせて定型文を設定することも可能です。さらに受取評価が完了したら自動で評価を付ける機能も搭載されてるので、売買のやり取りをほぼ自動化することも可能になっています。
レビュー
定型文登録は文字入力が面倒な場合に役立ちます。購入後のお礼など、簡略化できる部分が多かったりしますので、パターンごとの文章を用意しておくと楽になるかもしれません。評価に関しては自動にしないほうがいいと思います。購入者とのやり取りによって評価を考えて入力する場面が必ずあるはずですので、すべて良いで評価するのは控えましょう。

機能3≪web上で管理するのでPCスマホどちらでも利用可≫

極メルはweb上で動くツールなので、パソコンやスマホなど関係なく利用可能です。現在出品中の商品も一括登録できるので、ほかツールからの乗り換えも楽に行え、CSV形式での一括登録にも対応しています。
レビュー
ネットにつながっていれば利用できるのは高評価。現在出品されている商品も一括で登録されるので、ほかツールを利用してても移行しやすいとのこと。メルカリツールは多数販売しているので、いくつか試している人にはありがたい機能かもしれない。月額タイプはそのほとんどがweb上で動くタイプになっている印象です。

機能4≪宛名貼り付け用と納品書発行機能≫

発送待ちの画面から送り先の住所を読み取り、上半分に送り先の住所を、下半分が納品書になったシートを発行できます。宛先をわざわざ書く手間を省き、発送作業を短縮することができます。
レビュー
発送作業の時間短縮ができるのはあまりほかツールでも見ない機能です。宛名などはテンプレートを作って作成している人も多いと思いますが、ツール側で作成してくれるので少しは作業が減るかもしれません。

機能5≪会員限定掲示板に招待≫

利用者だけが入れる会員限定掲示板に招待いたします。この掲示板では主催者自らがアドバイスを行っている様子を閲覧できます。メルカリで売り上げがうまく増えていない場合は、相談してみてください。
レビュー
掲示板で情報交換ができるならぜひとも活用したほうがいいですが、今現在もきちんと活用されているかが不安です。もしアクセスしても過疎っていた場合は、まともな情報交換は望めないかもしれません。

AKANE072122928_TP_V

極メルを使うための月額費用をレビュー

極メルの料金設定は1種類となっています。

激安スタートプラン

初回30日は半額の4,980円、継続30日で9,980円。さらに期間限定で初期登録料無料で1週間無料お試し期間付き。
レビュー
かなり安いように感じますが、限定キャンペーンはずっとやっている印象なので、常時この値段で運用しているようです。機能数を考えるとかなりコスパはいいツールだと思います。契約後にすぐ使えて1週間の無料期間も設けられているので、ツールの費用を抑えるなら選択肢として有りだと思います。

imaric20160805210023_tp_v

実際に極メルを使えば儲かる?

機能面は十分に満たしていると思いますが、1日2回の自動出品制限が気になります。今はなるべくたくさん出品しておくことが売上アップにつながるので、結局は手動で操作が必要になってしまうと考えると、極メル単体で売り上げが大幅に上がるというわけではないのでしょうか。

結果

結果として、極メルはかなりコスパが高いツールだと思いますが、やはり使い続けるにはもう少し機能改善をしてもらいたいものです。出品機能に制限がついているのでこの値段なのは納得がいきますが、逆に利用し続けると不満が募ってしまうかもしれません。1週間無料期間も設けられているので、実際に使ってみて売り上げに変化が出るか試してみるのもいいかもしれません。

もし毎月の出費を抑えたいと思うのなら、買い切りタイプのツールがおすすめです。初回にツール代金を払えば、その後追加料金は全くかからずに、上で紹介した機能はすべて搭載されています。また、サポートも無料でついてくるので、わからないことがあればメールで相談することも可能です。

極メルでも十分に売り上げ増加が期待できますが、もし無駄な費用を増やさずに売り上げを増加させたいなら、買い切りタイプのツールを利用することをお勧めします。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

おすすめ買い切りタイプのツールはこちら

fk_header01_02

SNSでもご購読できます。