s メルカリツール「爆メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

メルカリツール「爆メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月額制メルカリ再出品ツールの「爆メル」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「爆メル」の評価評判を紹介

メルカリ専用の出品ツール「極メル」というツールが使えるのかどうか調べてみました!爆メルの特徴は何といってもそのシンプルさ。不要な機能をなるべく排除し、利用価格を可能な限り低く設定してるツールになります。難しい機能も搭載しておらず、ツールを初めて使うという人にも簡単に使えるように設計されているようです。

爆メル レビュー

http://bakumeru.com/より引用



では爆メルを使ってメルカリで稼ぐことができるのか、レビューをしたいと思います。

爆メルに搭載された機能をレビュー

以下は極メルの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪再出品機能≫

一度出品した商品のデータを爆メル内に保存しておき、画像や商品説明文を再設定する必要もなくワンクリックで再出品することができます。
レビュー
再出品は出品作業の中で最も時間のかかる作業ですので、ワンクリックで行えるのは高評価です。爆メルには予約出品やループ出品機能などは一切搭載されておらず、その分利用料が安く設定されているのが特徴ですので、ワンクリックで出品できるだけでも良しとしましょう。

機能2≪商品の削除≫

出品されている商品を一覧の中からワンクリックで削除することができます。わざわざメルカリを起動する必要もありませんので、時間短縮につながります。
レビュー
出品商品の削除はメルカリでも行えますので、そこまで必要な機能ではありません。特に出品している商品を削除しなければいけない状況というのも頻繁にあるわけでもないので、メルカリ側にある出品の一時停止で十分に事足りると思います。

機能3≪画像を自動でリサイズ≫

使用する商品画像をメルカリに合った正方形に自動でリサイズします。画像が縦長や横長の場合は自動で左右上下に余白を入れて正方形にリサイズします。
レビュー
メルカリのサイズに自動で修正してくれるのはありがたいですが、余白を入れてしまうと商品自体の画像面積が小さくなってしまいますので、初めから規定サイズに合った画像を用意しておくようにしましょう。

AKANE072122928_TP_V

爆メルを使うための月額費用をレビュー

爆メルの料金設定は1種類となっています。

爆メルは業界最安値の利用料金

月額利用料 3,980円(初月のみID登録料で別途3,980円)
レビュー
メルカリ専用の出品ツールとしては業界最安値だと思います。機能面がシンプルで再出品機能がメインとなりますので、この値段になることも納得です。初月のみはID登録料も発生しますので、実質7,960円かかることになります。少し割高なような気もしますが、次回以降は月額3,980円になるなら仕方がないかもしれません。

imaric20160805210023_tp_v

実際に極メルを使えば儲かる?

シンプルな機能数のため、値段が極端に安いのは納得がいきます。ワンクリックでの出品機能もありますので、いままで手動で出品作業を行っていた人には十分効果があらわれると思います。残念ながら予約機能などは搭載されていませんので、使う場合は定期的にPCに触れる環境下にいる必要があります。無料期間は設けられていませんが、値段が安いので試しに使ってみてもいいかもしれません。

結果

結果として、コスパが高いわけではありませんが、爆メルを使ってみるのはいいと思います。機能数が非常に少なくシンプルな設計のため、今までツールを使ったことがない、軽く出品作業が楽になればいいと思う人にちょうどいいと思います。尚、爆メルには1つのIDで出品できる数は300までと制限があります。それを超える場合は恐らくさらにIDを買う必要があると思いますので、長期利用はあまり期待できません。

もし解約をする場合は、自分自身でpaypalアカウントから解約手続きをする必要があります。少し面倒ですし、支払いはpaypal経由限定のようですので、予めアカウントを用意しておきましょう。

初心者や軽い作業軽減を目的とするなら爆メルでも十分だと思いますが、しっかりとした自動出品ツールがほしいならお勧めはできません。月額ツールよりも買い切りツールのほうが追加料金も発生せずに高性能になっていますので、メルカリで月収10万円以上を目指すなら、買い切りツールを使うことをお勧めします。

 

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

おすすめ買い切りタイプのツールはこちら

fk_header01_02

SNSでもご購読できます。