メルカリで商品が売れない!?売れないときに注意すべき4つの理由

メルカリで売れないイライラ!でも売れない理由は自分にある?

突然売れなくなると不安になりますよね

メルカリで出品していて快調に売り上げを伸ばしていたはずなのに、とある時から商品が売れなくなる時ってありますよね。売り上げが伸びなくなるのも、在庫を抱えてしまうのも不安になってしまいますよね。しかも、新しく商品を仕入れてすぐにそんなことになったら・・・ストレスになるのは間違いないです。pak86_atamakakaerujyosei20140125_tp_v

そんななかでも特に不安になるのは、いいねはつくのに商品が売れない状況です。

いいねじゃなくて買ってほしい

いいねって思うなら買ってよ!と思いたくなりますが、それでもなかなか売れないときが続くこともあります。そんな時は購入者が悪いのではなく、自分が出品している商品に売れない理由があるのかもしれません。一度は売れていた商品であっても、売れない時期が続くようなら今一度出品している内容を再確認してみましょう。

売れない理由を再確認、注意すべき⑤個の理由

商品が売れない理由は出品している商品にあるのかもしれません!売り上げが停滞したときこそ今一度自分の商品を見つめ直して売り上げアップを図りましょう。

売れない理由①:値段が高すぎないか再確認

やはり購入者が一番気になるのは商品の値段です。元々売れていたとしても、もしかしたらライバルが現れているかもしれません。一度自分が出品している商品に関連するキーワードで検索してみて、同じ商品が出品されていないか確認してみましょう!もしかしたら同じ商品で安い値段で出品されていて購入者が流れているのかも。その場合は自分の仕入れ額などと相談しつつ、出品価格を下げてみることを考えておきましょう。
売れるコツ:値下げ交渉やオプション品で差をつける
もし同じ商品を安く売っているライバルがいた場合、単純に自分も値下げするのもいいのですが、商品タイトルなどに値下げ交渉を受け付ける旨を書くだけでも反応が変わってきます。商品説明文では一度商品を見てもらう必要性が出てくるので、理想はタイトルに挿入しておくことです。

また、オプション品をつけるのもアリだと思います。ちょっとしたオプション品をつけることによって、ライバルよりも値段が高いにも関わらずお得感を出せるコツですので、出品している商品に関連のあるものをオプション品としてつけてみてはいかがでしょうか。

売れない理由②:写真はきれいに撮っているか

同じ商品を出品し続けている場合、写真は使いまわすのが当たり前です。でも使っている写真はきれいに撮れているものを使っていますか?光の加減や商品の全体像が映っているか、背景に無駄なものが写っていないかなど再確認しましょう。
売れるコツ:写真掲載は4枚全部フル活用
メルカリは1商品につき、写真を4枚まで掲載できます。せっかくなのでなるべく4枚全部掲載しておきましょう。1枚目は商品の全体像、2枚目にオプション品など細かいものを、3枚目に商品の別角度を載せるといいでしょう。4枚目はさらに別角度でもいいですし、購入者からの要望があったときに載せてもいいかもしれません。SEP_355215221321_TP_V

売れない理由③:着払いは嫌われやすい、可能ならばメルカリ便

発送方法で着払いに設定している場合はかなり購入者に嫌われやすくなります。着払いでは手元に届いたときに料金支払いが発生するので、送料込みと同じ価格に設定したとしても非常に損した気分になってしまいます。また最近では匿名性を保てるメルカリ便も使えるようになってきましたので、より着払いが嫌われます。特別な理由がない場合は着払いを避けておきましょう。
売れるコツ:送料無料の一文は効果的
意外にも効果的なのは商品説明文などに「送料無料」と入れておくことです。この一文が入っているだけで、少し値段が相場よりも高かった場合でも商品が売れやすくなったりします。もともと送料込みだとしてもこの一文があるだけで購入者側はお得感を感じやすかったりしますので、文字数に余裕があるなら入れてみてはいかがでしょうか。

売れない理由④:再出品しているか。1回の出品では売れない

メルカリは出品した時間が新しいものほど、検索時に1ページ目に表示されるのです。古い商品はどんどん検索の後ろのほうに流れて行ってしまうので、定期的に商品を出品し直さないとみられなくなってしまいます。いいねやコメントが全くつかなくなってきたら、新しく出品し直しましょう。
売れるコツ:再出品はツールで楽をする
いくら再出品したほうがいいと言っても、外出していたり仕事をしていたりしてメルカリに触れない時間もあったりしますよね。そんな時はツールを使って自動出品に任せておきましょう。手動で行うよりも断然楽だし、予約出品で指定した時間に出品もしてくれます。出品作業の時間短縮にもなるのでお勧めです。

関連記事:メルカリ専用自動出品ツール徹底比較!月に10万円以上稼げるツールを比較!

まとめ

YUKA863_ok15185909_TP_V売れなくなる理由は探せばもっとありますが、一つずつ改善していけば必ずまた売れるようになってきます。メルカリで稼ぐなら、売れている商品を自分も出品するのが一番ですので、売れ筋商品を扱っているとライバルも生まれやすくなります。そんな時は細かく差別化していって、お得感を購入者に与えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「爆メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

月額制メルカリ再出品ツールの「爆メル」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「爆メル」の評価評判を紹介

メルカリ専用の出品ツール「極メル」というツールが使えるのかどうか調べてみました!爆メルの特徴は何といってもそのシンプルさ。不要な機能をなるべく排除し、利用価格を可能な限り低く設定してるツールになります。難しい機能も搭載しておらず、ツールを初めて使うという人にも簡単に使えるように設計されているようです。

爆メル レビュー

http://bakumeru.com/より引用



では爆メルを使ってメルカリで稼ぐことができるのか、レビューをしたいと思います。

爆メルに搭載された機能をレビュー

以下は極メルの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪再出品機能≫

一度出品した商品のデータを爆メル内に保存しておき、画像や商品説明文を再設定する必要もなくワンクリックで再出品することができます。
レビュー
再出品は出品作業の中で最も時間のかかる作業ですので、ワンクリックで行えるのは高評価です。爆メルには予約出品やループ出品機能などは一切搭載されておらず、その分利用料が安く設定されているのが特徴ですので、ワンクリックで出品できるだけでも良しとしましょう。

機能2≪商品の削除≫

出品されている商品を一覧の中からワンクリックで削除することができます。わざわざメルカリを起動する必要もありませんので、時間短縮につながります。
レビュー
出品商品の削除はメルカリでも行えますので、そこまで必要な機能ではありません。特に出品している商品を削除しなければいけない状況というのも頻繁にあるわけでもないので、メルカリ側にある出品の一時停止で十分に事足りると思います。

機能3≪画像を自動でリサイズ≫

使用する商品画像をメルカリに合った正方形に自動でリサイズします。画像が縦長や横長の場合は自動で左右上下に余白を入れて正方形にリサイズします。
レビュー
メルカリのサイズに自動で修正してくれるのはありがたいですが、余白を入れてしまうと商品自体の画像面積が小さくなってしまいますので、初めから規定サイズに合った画像を用意しておくようにしましょう。

AKANE072122928_TP_V

爆メルを使うための月額費用をレビュー

爆メルの料金設定は1種類となっています。

爆メルは業界最安値の利用料金

月額利用料 3,980円(初月のみID登録料で別途3,980円)
レビュー
メルカリ専用の出品ツールとしては業界最安値だと思います。機能面がシンプルで再出品機能がメインとなりますので、この値段になることも納得です。初月のみはID登録料も発生しますので、実質7,960円かかることになります。少し割高なような気もしますが、次回以降は月額3,980円になるなら仕方がないかもしれません。

imaric20160805210023_tp_v

実際に極メルを使えば儲かる?

シンプルな機能数のため、値段が極端に安いのは納得がいきます。ワンクリックでの出品機能もありますので、いままで手動で出品作業を行っていた人には十分効果があらわれると思います。残念ながら予約機能などは搭載されていませんので、使う場合は定期的にPCに触れる環境下にいる必要があります。無料期間は設けられていませんが、値段が安いので試しに使ってみてもいいかもしれません。

結果

結果として、コスパが高いわけではありませんが、爆メルを使ってみるのはいいと思います。機能数が非常に少なくシンプルな設計のため、今までツールを使ったことがない、軽く出品作業が楽になればいいと思う人にちょうどいいと思います。尚、爆メルには1つのIDで出品できる数は300までと制限があります。それを超える場合は恐らくさらにIDを買う必要があると思いますので、長期利用はあまり期待できません。

もし解約をする場合は、自分自身でpaypalアカウントから解約手続きをする必要があります。少し面倒ですし、支払いはpaypal経由限定のようですので、予めアカウントを用意しておきましょう。

初心者や軽い作業軽減を目的とするなら爆メルでも十分だと思いますが、しっかりとした自動出品ツールがほしいならお勧めはできません。月額ツールよりも買い切りツールのほうが追加料金も発生せずに高性能になっていますので、メルカリで月収10万円以上を目指すなら、買い切りツールを使うことをお勧めします。

 

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

おすすめ買い切りタイプのツールはこちら

fk_header01_02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「極メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

月額制メルカリ再出品ツールの「極メル」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「極メル」の評価評判を紹介

メルカリ専用の出品ツール「極メル」というツールが使えるのかどうか調べてみました!多数あるメルカリ専用ツールの中でも最大手ではないですが、その搭載されている機能にはいくつか気になるものもあります。実際にメルカリで利用したときにきちんと稼げるようになるのかは非常に重要になってきますので、搭載されている機能一つ一つをレビューしたいと思います。機能だけでなく値段やきちんと稼げるのか、細かい部分まで焦点を当てたレビュー紹介をお届けします。

%e6%a5%b5%e3%82%81%e3%82%8b

Copyright © Kiwameru


極メルに搭載された機能をレビュー

以下は極メルの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪登録した商品は1日2回自動で再出品される≫

極メルに登録している商品を1日2回、完全自動で再出品を行います。わざわざツールを起動して再出品の作業をお行う必要もなく、極メルが自動で商品を再出品してくれます。また、商品が売れた場合は30分以内に自動で再出品を行います。
レビュー
自動再出品機能が搭載されているのは優秀ですが、1日2回というのは少し心もとない気がします。メルカリで今主流なのは何回も再出品して商品が人目に付くようにすることです。売れた後の再出品が自動で行われるのは高評価です。この再出品が1日2回に含まれるのかどうかは不明ですが。

機能2≪自動連絡、評価機能で効率が大幅アップ≫

商品が購入されたときに事前登録しておいた定型文を自動で送信して作業時間を短縮できます。支払い待ちと発送待ちなど、購入パターンに合わせて定型文を設定することも可能です。さらに受取評価が完了したら自動で評価を付ける機能も搭載されてるので、売買のやり取りをほぼ自動化することも可能になっています。
レビュー
定型文登録は文字入力が面倒な場合に役立ちます。購入後のお礼など、簡略化できる部分が多かったりしますので、パターンごとの文章を用意しておくと楽になるかもしれません。評価に関しては自動にしないほうがいいと思います。購入者とのやり取りによって評価を考えて入力する場面が必ずあるはずですので、すべて良いで評価するのは控えましょう。

機能3≪web上で管理するのでPCスマホどちらでも利用可≫

極メルはweb上で動くツールなので、パソコンやスマホなど関係なく利用可能です。現在出品中の商品も一括登録できるので、ほかツールからの乗り換えも楽に行え、CSV形式での一括登録にも対応しています。
レビュー
ネットにつながっていれば利用できるのは高評価。現在出品されている商品も一括で登録されるので、ほかツールを利用してても移行しやすいとのこと。メルカリツールは多数販売しているので、いくつか試している人にはありがたい機能かもしれない。月額タイプはそのほとんどがweb上で動くタイプになっている印象です。

機能4≪宛名貼り付け用と納品書発行機能≫

発送待ちの画面から送り先の住所を読み取り、上半分に送り先の住所を、下半分が納品書になったシートを発行できます。宛先をわざわざ書く手間を省き、発送作業を短縮することができます。
レビュー
発送作業の時間短縮ができるのはあまりほかツールでも見ない機能です。宛名などはテンプレートを作って作成している人も多いと思いますが、ツール側で作成してくれるので少しは作業が減るかもしれません。

機能5≪会員限定掲示板に招待≫

利用者だけが入れる会員限定掲示板に招待いたします。この掲示板では主催者自らがアドバイスを行っている様子を閲覧できます。メルカリで売り上げがうまく増えていない場合は、相談してみてください。
レビュー
掲示板で情報交換ができるならぜひとも活用したほうがいいですが、今現在もきちんと活用されているかが不安です。もしアクセスしても過疎っていた場合は、まともな情報交換は望めないかもしれません。

AKANE072122928_TP_V

極メルを使うための月額費用をレビュー

極メルの料金設定は1種類となっています。

激安スタートプラン

初回30日は半額の4,980円、継続30日で9,980円。さらに期間限定で初期登録料無料で1週間無料お試し期間付き。
レビュー
かなり安いように感じますが、限定キャンペーンはずっとやっている印象なので、常時この値段で運用しているようです。機能数を考えるとかなりコスパはいいツールだと思います。契約後にすぐ使えて1週間の無料期間も設けられているので、ツールの費用を抑えるなら選択肢として有りだと思います。

imaric20160805210023_tp_v

実際に極メルを使えば儲かる?

機能面は十分に満たしていると思いますが、1日2回の自動出品制限が気になります。今はなるべくたくさん出品しておくことが売上アップにつながるので、結局は手動で操作が必要になってしまうと考えると、極メル単体で売り上げが大幅に上がるというわけではないのでしょうか。

結果

結果として、極メルはかなりコスパが高いツールだと思いますが、やはり使い続けるにはもう少し機能改善をしてもらいたいものです。出品機能に制限がついているのでこの値段なのは納得がいきますが、逆に利用し続けると不満が募ってしまうかもしれません。1週間無料期間も設けられているので、実際に使ってみて売り上げに変化が出るか試してみるのもいいかもしれません。

もし毎月の出費を抑えたいと思うのなら、買い切りタイプのツールがおすすめです。初回にツール代金を払えば、その後追加料金は全くかからずに、上で紹介した機能はすべて搭載されています。また、サポートも無料でついてくるので、わからないことがあればメールで相談することも可能です。

極メルでも十分に売り上げ増加が期待できますが、もし無駄な費用を増やさずに売り上げを増加させたいなら、買い切りタイプのツールを利用することをお勧めします。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

おすすめ買い切りタイプのツールはこちら

fk_header01_02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「らくめる」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

月額制メルカリ再出品ツールの「らくめる」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「らくめる」の評価評判を紹介

利用ユーザー数が1000人を突破している人気のメルカリ専用の出品ツール「らくめる」をご存知ですか?メルカリにただ出品するだけでは稼ぎにくくなってきていますので、売上アップを狙うならツールの導入は必須です。数あるツールのうちのひとつ、らくめるは導入すれば稼ぎやすくなるのでしょうか?搭載されている機能は豊富?使い心地やメリットデメリットは?気になることが多数あると思いますので、らくめるの機能や価格、様々な部分に焦点を当ててレビュー紹介したいと思います。

%e6%a5%bd%e3%83%a1%e3%83%ab

Copyright (C) 2015 株式会社ジェント


らくめるに搭載された機能をレビュー

以下はらくめるの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪自動再出品と自動削除機能の実装≫

メルカリで検索上位に表示されるためには定期的に商品を再出品するのが最適、自動再出品機能で出品する日時や出品する時間間隔を設定しておけばあとはらくめるが自動で出品してくれます。また、いいねやコメントが付かなかった不要な出品は自動で削除することも可能。無駄に管理する商品を増やすこともありません。
レビュー
再出品と自動削除が時間指定で細かく設定できるのは非常にいい。メルカリで稼ぐためには繰り返し自動出品できる機能が必須と言えますので、この機能があるとないとでは稼げるかどうかが全く変わってきます。出品時間の調整はアカウント停止対策にも活用できますので使いこなせるようにしておきましょう。

機能2≪商品一括登録機能≫

複数の商品を一括で登録したいときに利用できます。エクセルにデータを作成することで何種類でも一括で処理が可能です。複数の商品を出品する場合、写真選択や商品説明文など、一つずつ作りこんで出品作業をするのは非常に面倒でもあります。いくつも商品を抱えている場合はエクセルでまとめて出品してしまいましょう。
レビュー
複数商品を扱っている場合は非常に便利な機能です。商品説明文のちょっとした変更が続いたとしても、エクセルで一括管理しておけば複数商品の修正があっても対応が非常に楽になります。

機能3≪コメントのやり取りがツール上で可能≫

商品への質問や値下げ交渉、購入後のやり取りなど、すべてらくめる上で行うことができます。スマホ上でのやり取りだと操作がやりにくかったりしますので、ツール上で行うことでわざわざメルカリを起動する必要もなく、時間短縮に使えます。
レビュー
コメントは残しておくことで商品説明文の改善などにもつながりますので、なるべくツール上で行うことで記録も取りやすく、売買後にトラブルがあったとしても即座に確認がしやすくなります。

機能4≪写真の自動リサイズ≫

アマゾンや楽天から商品画像を持ってきた場合、メルカリ上に上げるとサイズが合わない可能性があります。写真の自動リサイズで最新サイズをメルカリに合わせたものに自動で変換してくれますので、わざわざ画像加工を行う必要がなくなります。
レビュー
メルカリに合ったサイズに自動変更してくれるのはいいのですが、画像の左右上下に余白を作ってしまう可能性がありますので、なるべくなら自分で加工するか、初めからメルカリの指定するサイズにしておくのがいいと思います。無駄に余白を作ってしまうと商品の見栄えが落ちてしまいますので気を付けましょう。

機能5≪利益計算ツール標準搭載≫

らくめるには利益自動計算ツールの「メル蔵大臣」を標準搭載しています。これによって仕入れ値や送料、その他経費を自動で計算して商品ごとの利益を出してくれます。売り上げ情報はCSV形式で出力が可能なので、毎月の売上管理に便利です。
レビュー
商品が売れれば売れるほど利益管理は面倒になってきますので、ツールで一括管理できるのは高評価です。個人で売上管理を行うと計算が面倒だったりしますので、なるべく自動化してくれるツールを利用しておきましょう。

AKANE072122928_TP_V

らくめるを使うための月額費用をレビュー

らくめるの料金設定は3種類となっています。

PLAN1 らくめる使用権

らくめる本体の使用権のみを購入する場合はこちらになっています。メルカリ解体新書とメルサポは付属していないので、完全ツールのみの価格で月額9,980円になっています。1週間の無料利用もついてきます。
レビュー
らくめるを使用するだけならこのプランを選べば利用可能です。1週間の無料利用権もついてくるので、とりあえずらくめるを触ってみたいと思うのならこのプランを選んでみてはいかがでしょうか。

PLAN2 講師に直接質問ができるメルサポ使用権

メルカリに精通した講師とチャットやスカイプを利用して直接やり取りができるプランです。らくめる本体とメルカリ解体新書はついてきません。らくめる使用権を契約してから使い方がわからなかったり、困ったときに利用するプランです。価格は月額9,980円。
レビュー
講師と直接やり取りができるプランですが、これ目的で契約するには少し高すぎるのではと思うプランです。これに契約するくらいなら初めから下記の完全制覇セットを選んだほうがいいと思います。

PLAN3 メルカリ完全制覇セット

らくめる本体に加えてメルカリで稼ぐためのノウハウが詰まったメルカリ解体新書と講師に質問ができるメルサポの利用権、さらに特典で中国輸入教材「China Inpact」がついてきます。らくめるの全要素が詰め込まれたプランになっていて、価格は初月29,800円(教材費)2か月目以降は12,980円になっています。

尚、メルカリ解体新書も買い切りタイプで29,800円で買うことができます。
レビュー
らくめるの全要素が入っているのでそれなりに値段が高くなります。初月は値段が高く、2か月目以降はらくめるとメルサポが利用できて12,980円なのでそれなりにお得にはなります。メルカリ解体新書と中国輸入教材は読んでおくとメルカリでの売上アップに効果が出るかもしれません。

imaric20160805210023_tp_v

実際にらくめるを使えば儲かる?

機能面は十分に満たしていると思います。一番いいプランを契約すればメルカリでの販売方法や商品の仕入れ先も説明した書籍がもらえるとのことですので、売る商品に悩んでいたり、売上に伸び悩んでいる人にはお勧めかもしれません。しかし、月額制で利用料が発生しますので、きちんと売り上げが出せていない場合は少し高い買い物になってしまうかもしれません。

結果

結果として、らくめるを使っておけばメルカリで売上がアップすると思われます。しかし、欠点を挙げるとすればツール代金がいささか高いかもしれません。もっと機能数が多くて利用料が安いツールも販売されていたりしますので、らくめるを絶対に使ったほうがいいというメリットは見受けられません。メルカリ解体新書は興味深いものではありますが。

毎月の出費を抑えたいと思うのなら、買い切りタイプのツールがおすすめです。初回にツール代金を払えば、その後追加料金は全くかからずに、上で紹介した機能はすべて搭載されています。また、サポートも無料でついてくるので、わからないことがあればメールで相談することも可能です。

らくめるでも十分に売り上げ増加が期待できますが、もし無駄な費用を増やさずに売り上げを増加させたいなら、買い切りタイプのツールを利用することをお勧めします。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

おすすめ買い切りタイプのツールはこちら

fk_header01_02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「フリマキング」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

買い切り型メルカリ再出品ツールの「フリマキング」をレビュー

メルカリ専用ツールでは珍しい買い切りタイプの「フリマキング」って?

メルカリ専用の出品ツールはそのほとんどが月額費用を払うタイプになっていて、月に全く利用していなくても毎月費用を支払う必要性があります。利用期間が長ければ長いほど、どんどんツールの利用料がかさんでいってしまいます。せっかくツールを導入してメルカリで稼げるようになっても、ツールの利用料で利益が減ってしまってはもったいないですよね。

しかし、フリマキングは買い切りタイプなので追加料金が一切発生しません。初回費用のみで後は何か月使おうと費用は発生しないので、メルカリで稼いだ純利益を減らすこともありません。今までは月額タイプが主流でしたが、買い切りタイプの出現によってどれほど変わるのか、また、機能面はどれくらいの性能なのか、細かくレビューしたいと思います。

大雑把に搭載されている機能を紹介すると、パソコンからの出品・予約出品・ワンクリックで再出品・自動削除など、メルカリで稼ぐために必須と言える機能は全て搭載されています。さらには無料でサポートが付いてきて定期的にアップデートも行っているとのことです。では、各種機能のレビューを紹介します。

fk_header01_02加工

http://www.internal.co.jp/products/marketing/furimaking/about/


フリマキングに搭載された機能をレビュー

以下はフリマキングの紹介をしているサイト(http://www.internal.co.jp/products/marketing/furimaking/about/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪パソコンを使ってメルカリに簡単出品≫

メルカリ専用ツールでは代名詞と言えるパソコンからの出品機能!フリマキングはツール型で、パソコン上で起動しておけば常に出品情報などを同期し、簡単に商品を出品できます!
レビュー
今はメルカリもパソコンからの出品に対応してますので、そこまで大きな機能ではありませんね。ですが、パソコンからアクセスできるようになったからこそ、以下で紹介している機能が使えるようになっていると考えると、必要になってきますね。メルカリはスマホアプリからの出品しか対応していませんでしたから、当時からすれば革新的な機能だったと言えます。

機能2≪予約出品機能で日時を指定して自動出品≫

出品している商品のターゲット層がアクセスしやすい時間タイにセットしておけば、あとはフリマキングが自動で出品してくれます。売れやすい時間に検索結果の上位に表示されてれば、より売上アップが狙えます。外出したり、仕事でメルカリに触れないときに便利な機能です。
レビュー
主婦層やサラリーマン層など、商品を売りたい対象がはっきりしている場合は、この予約出品でアクセスされやすい時間帯に予約しておくだけで、闇雲に出すより売れやすくなります。後述するループ出品よりも出品数の制限などが任意で行え、起動しておくだけで自動化が可能なので、出品作業時間が大幅に減少させられるでしょう。

機能3≪過去の出品情報を再利用して再出品!自動ループ出品機能≫

商品を一度フリマキングで出品すればデータが保存され、自動ループ機能で一定時間ごとに出品が行われます。予約機能と比べて、商品のターゲット層が広くて一日中出品を繰り返したい場合に便利です。ソフトを起動しておけば、あとは放置しても自動で同じ商品を出品し続けてくれますので、出品作業に時間を取られていた人は大幅に時間短縮が可能です。
レビュー
メルカリツールで最も必要な機能です。予約機能と一緒で出品設定しておくことで外出中でも繰り返し出品してくれます。家電などターゲット層に関係なく売れやすい商品を仕入れている場合、この機能で1時間おきくらいに出品しておけば、確実に人目に付きやすくなるはずです。

機能4≪売れたものリスト機能で利率を一括管理≫

入金と評価が済んだ商品はすべて自動で売れたものリストに追加されていきます。このリストでは売れた商品の販売情報(販売日時、価格、手数料、仕入れ価格、送料、その他諸経費、粗利、利益率)が自動入力されて一括で管理できます。面倒な売り上げ管理も売れた時にすべて自動で行ってくれるので、わざわざ自分自身で管理する必要はありません。
レビュー
販売情報を入力するのが手間かもしれませんが、同じ商品を何度も売っている場合は自動で売上計算をしてくれるのは非常に助かります。売り上げ管理はシートでまとめると手間だったりしますので、自動で行ってくれるこの機能を利用しましょう。

機能5≪指定した時間に自動で商品を削除できる自動削除機能≫

何度も同じ商品を出品していると、もしかしたら在庫以上に注文が入ってしまうかも。その場合、お客さんにキャンセルの連絡をしたりと、あまりいい心証は与えられません。また、売れ残ってしまっている商品も残しておくと見栄えが良くありません。不要になった商品情報は一定時間で削除しておくべきなのです。
レビュー
この機能は上でも紹介した予約機能などと併用して使用するべき機能です。特に売れていない商品はどんどんページの後ろに流されてしまって購入率も下がりますし、管理も非常に面倒になります。もう売れないなと判断されたら早めに削除しておくのがいいでしょう。尚、いいねやコメントがついている商品は後ろに流れてしまっても売れる可能性が残っていますので、消さないようにしましょう。

機能6≪その他実装されている機能≫

以下はフリマキングに実装される機能の一覧です。
  • 取引中商品一覧機能
  • CSV出品機能
  • 取引中商品一覧機能
  • テンプレート管理機能
  • 指定条件の商品を自動抽出するアラート機能
  • メルカリ出品者のお気に入り機能
  • 10種類以上でレア商品を探すフィルター検索機能
  • いいねした商品を一元管理する機能
レビュー
メルカリツールの中でもかなりの機能数を誇っていて、特に珍しいのはフィルター検索機能です。他のツールでは見かけませんが、フリマキング上で細かい設定で商品検索が行えますので、レアアイテムを仕入れたり、利益が取れそうな商品を見つけるのに便利かもしれません(メルカリ内での転売は規約で禁止されているので気を付けましょう。)

ほかにも売り上げ管理や商品出品の作業時間を短縮するために必要な機能が多数搭載されています。中途半端な月額のメルカリツールを使うなら、フリマキングを使ったほうが値段に見合って断然お得だと思います。AKANE072122928_TP_V

フリマキングを使うための買い切り費用をレビュー

フリマキングの料金設定は3種類用意されています。バージョンによって使える機能が変わってきますので一つずつレビューしていきましょう。

フリマキング(通常版)

10種類以上のフィルター検索でレア商品を探したり、いいねした商品の一元管理、出品者のお気に入り登録ができます。出品よりもメルカリで購入メインの方にお勧めです。価格は買い切りで9,800円。
レビュー
出品機能がなく、購入メインの機能になります。メルカリで出品して稼ぎを出すならこのバージョンは買う意味ありません。フィルタの精度は低くないと思いますので、ヤフオクやアマゾンなどに転売目的の人にはお勧めかもしれません。

フリマキング Pro

基本的な出品機能に加えて、ワンクリックで再出品、予約出品、テンプレート管理機能が使えます。メルカリの出品作業短縮に使用するならこのバージョンからを購入する必要があります。価格は19,800円
レビュー
メルカリ出品ツールとしては最低限と言える機能数です。ワンクリック再出品と予約出品だけでも作業時間短縮は図れますが、万全というわけではありません。きちんと時間短縮を図るなら、次のバージョンを買ったほうが絶対お得です。

フリマキング Ultimate

フリマキングの全機能が利用可能。特に自動ループ出品や自動削除、csv一括出品など、便利な機能はこのバージョンで利用可能です。ほかのバージョンとは機能数が段違いなので、メルカリの作業時間を大幅に短縮するならこのバージョンがおすすめ。価格は29,800円。
レビュー
フリマキングの全機能が搭載されたバージョンです。特に自動ループ機能や自動削除機能は売上アップには欠かせない機能になっていますので、できるならこのバージョンを買うのをお勧めしたい。自動削除は無駄な出品アイテムの整頓にも欠かせず、出品作業以外の作業時間の短縮につながります。メルカリを短い作業時間で稼げるようにするならこのバージョンがおすすめです。

imaric20160805210023_tp_v

実際にフリマキングを使えば儲かる?

機能面では一切申し分ないですし、足りない機能があれば定期アップデートで追加してくれているみたいです。特に出品作業で時間がかかっている人にはお勧めかもしれません。とにかく出品数を増やして売れやすくする方法と非常に相性のいいツールに仕上がっていると思います。最近ではせどりの有権者からも推薦されていましたので、メルカリでの売上アップに効果的だと思います。

結果

結果として、メルカリツールでは珍しい買い切りタイプのフリマキングは買いだと思います。メルストライクなど高性能なツールと同等の機能が付いていますし、買い切りタイプなので月額のように毎月支払いがあったり追加料金を取られる心配もありません。

機能面もメルカリの流行りに十分対応できるものがそろっているので、作業時間短縮に十分効果があると思います。できるのあらば一番高いバージョンを使うほうがいいですが、もし料金が高いと感じる人は、月額ツールの値段と比較して3か月くらい使った場合を想像してみましょう。結果として、フリマキングのほうがツール価格が非常に安くなります。

月額タイプは初期投資が安く済みますが、その分毎月料金が発生します。それならば、高性能なツールに一括で料金を払ってしまったほうが断然稼げるようになると思います。

フリマキングの公式サイトはこちら

fk_header01_02

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「フリポン」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

有名メルカリ再出品ツールの「フリポン」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「フリポン」を知っていますか?

メルカリの出品ツールで有名な「フリポン」というツールをご存知でしょうか。メルカリの出品ツールとしてサービス開始後数日で即ユーザー数が100人以上になったという人気ツールなのです。かなり高性能でメルカリで稼げると話題になっていましたので、今回はフリポンの機能や価格など、細かくレビューをつけていきたいと思います。

大雑把に搭載されている機能を紹介すると、パソコンからの出品・予約出品・ワンクリックで再出品・自動削除など、メルカリで稼ぐために必須と言える機能は搭載されているようです。もちろん、ほかにもアップデートで新機能が追加されているとか。さらには、メルカリなどのフリマアプリで成功するための秘訣や、商品仕入れのための資金作りまで、細かく流れが載っているマニュアルもついてくるとか。

%e9%99%8d%e3%82%8a%e3%83%9d%e3%83%b3

Copyright 2015 フリポン



これだけでもフリポンで稼げる印象が出てきましたが、実際に機能を細かく見ていきましょう。細かい要素も合わせてレビューしたいと思います。

フリポンに搭載された機能をレビュー

以下はフリポンの紹介をしているサイト(http://fripro.jp/fripro-buyer/)に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪パソコンからフリマアプリへの出品が可能に≫

メルカリは元々アプリのためスマホからしかアクセスできず、出品作業はコピペを使っても1商品に3分は掛かっていました。しかしフリポンを使ってパソコンからアクセスすれば作業時間もぐっと短縮!1商品1分で出品できるようになります。
レビュー
メルポンと同じで、メルカリ公式でパソコンからのアクセスが可能なので今現在はあまり意味はない機能だと思います。ですが、パソコンからアクセスできるようになったからこそ、以下で紹介している機能が使えるようになっていると考えると、必要になってきますね。もともとメルカリはパソコンからは買い物しかできませんでしたので、その当時から考えると革新的な機能でした。

機能2≪出品する日時を指定できる『出品予約機能』搭載≫

売れやすい時間帯に狙って商品を出品することで、購入層の方の目に留まって商品が売れやすくなります。また、外出しなければならない、日中は本業があってメルカリに触れないという方は予めこの出品予約機能を使っておくのをおすすめします。
レビュー
搭載されていれば非常に便利な機能の一つです。主婦層やサラリーマン、学生などはメルカリを使用しやすい時間帯がばらけていますので、狙って出品しないと買われない可能性が高くなってしまいます。また、外出中などはメルカリに触れないタイミングもあると思いますので、予め予約しておくことで売り上げはかなり変わると思われます。

機能3≪たったワンクリックで再出品が可能に≫

一度登録しておいた商品をワンクリックで再出品できます!メルカリは新しい出品アイテムから順に表示されるものなので、この機能でどんどん再出品しておけば、常に新着として上位に表示させ続けることができるのです。
レビュー
メルカリツールで最も必要な機能です。この機能を使うことでもともと出品に3分は掛かっていたのが10秒ほどで完結するようになるのです。出品作業はツールによって可能な限り自動化して作業時間を短縮しておくべきなのです。この機能で今まで面倒だと思っていた出品作業を楽にしておきましょう。

機能4≪外注などの出品代行と比べ、大幅なコストダウンが可能に!≫

クラウドソーシングで出品を外注した場合、だいたい1出品20円ほどで依頼されえるのが相場。フリポンはさらに安い価格で出品作業を行えるのでおすすめ。外注の教育や要望なども必要なく、自分自身で作業できます。
レビュー
機能とは言いにくい部分ですが、コストダウンは図れます。最近は高性能なツールが多数出ていますので、あまり出品作業を外注する人も少ないと思われますが、外注するよりも確実に作業は楽ですし、コストの減らせると思います。

機能5≪指定した時間に自動で商品を削除できる自動削除機能≫

何度も同じ商品を出品していると、もしかしたら在庫以上に注文が入ってしまうかも。その場合、お客さんにキャンセルの連絡をしたりと、あまりいい心証は与えられません。また、売れ残ってしまっている商品も残しておくと見栄えが良くありません。不要になった商品情報は一定時間で削除しておくべきなのです。
レビュー
この機能は上でも紹介した予約機能などと併用して使用するべき機能です。特に売れていない商品はどんどんページの後ろに流されてしまって購入率も下がりますし、管理も非常に面倒になります。もう売れないなと判断されたら早めに削除しておくのがいいでしょう。尚、いいねやコメントがついている商品は後ろに流れてしまっても売れる可能性が残っていますので、消さないようにしましょう。

機能6≪購入者との連絡取引をはじめ、全てのやり取りがメルポン1つで可能に≫

お客さんとの取引をすべてメルポン上で行うことができます。メッセージのやり取りはある程度定型文にすることが可能なので、メルポンに保存しておくことでワンクリックで呼び出すことが可能です。
レビュー
便利な機能ではありますが、なるべくコメントが来ないような商品説明文を作ることを意識するべきです。購入後のちょっとした連絡も商品数が増えれば、その分返答を送る回数が増えていきますので、お礼メールなどは保存しておいてもいいかもしれません。

機能7≪今後実装予定の新機能≫

以下は今後フリポンに実装されるであろう新機能の一覧です。
  • 重複出品によるアカウント「凍結対策の強化」
  • 商品が購入されたときに自動で定型文を投稿してくれる「自動連絡機能」
  • 商品の在庫を随時チェックできる「在庫管理機能」
  • 今までの売上を一覧で確認できる「売上管理機能」
  • 「他フリマアプリ」への対応
レビュー
ツールの使い方を間違えるとアカウント停止になる可能性もありますので、凍結対策の強化はありがたいですね。最も、ツールを使っている場合は一日の出品数がだいたい100件以上にならなければ大丈夫と言われていますので、自分自身できちんと管理しておけば問題ありません。定型文の自動連絡機能は、買った人によって内容は変えたほうがいいので、あまり頼りすぎないほうがいいと思います。

在庫管理機能は多数商品の在庫を所持しているときに利用しましょう。売り上げ管理機能はすでにメルカリにも搭載されています。メルカリ側は売れた商品と現在の売上の確認だけが可能ですので、より細かい情報を管理したい場合に使いましょう。

AKANE072122928_TP_V

フリポンを使うための月額費用をレビュー

フリポンの料金設定は1種類のみになっています。月額とは少し違いましたので、細かく説明していきましょう。

フリポンのツール代金

フリポンのツール代金は通常49,800円のところ、先着200名まで特別価格の19,800円で購入することができます!さらに、フリポンはポイント制を導入しているので、700回出品できる10,500円分のポイントをプレゼントしてくれます!
レビュー
おそらくですが、ずっと200名限定価格で販売しているものと思われます。フリポンはツール本体の価格、そしてツールから出品するためのポイントを購入する必要があるのです。1出品ごとに15ポイント必要になり、初回購入時に700ポイント進呈されます。700回出品は結構多いように思えますが、実際に使ってみると結構少なかったりします。扱っている商品数によっては、2週間も持たないのではないでしょうか。ツール代も安いと言える額ではないのが気になります。

 

imaric20160805210023_tp_v

実際にフリポンを使えば儲かる?

機能面では申し分ないものがそろっていると思われますので、うまく使いこなせていればメルカリで稼げると思われます。特に再出品と予約機能という最も必要なものが搭載されていますので、確実に出品速度は上昇します。メルカリは繰り返し出品して検索上位に表示されたほうが売れやすくなりますので、フリポンで売上アップは期待できるでしょう。

結果

結果として、フリポンを使っておけばメルカリで売上がアップすると思われます。しかし、欠点を挙げるとすればツール代金と出品時のポイントを購入しなければならないのがネックです。毎月高額の月額費用が発生するものではありませんが、1出品につき15円もかかってしまうのは些か高額なのではないでしょうか。

出品数を少なくすればその分売り上げは落ちますし、多くすればポイント消費で無駄な費用がかさんでしまいます。毎月の出費を抑えたいと思うのなら、買い切りタイプのツールがおすすめです。初回にツール代金を払えば、その後追加料金は全くかからずに、上で紹介した機能はすべて搭載されています。また、サポートも無料でついてくるので、わからないことがあればメールで相談することも可能です。

フリポンでも十分に売り上げ増加が期待できますが、もし無駄な費用を増やさずに売り上げを増加させたいなら、買い切りタイプのツールを利用することをお勧めします。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリツール「メルポン」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較

有名メルカリ再出品ツールの「メルポン」をレビュー

メルカリ専用の月額出品ツール「メルポン」てなに?

メルカリで稼ぐためにツールの導入を検討している人ならだれもが一度はメルポンの名前を見たことがあると思います。このメルポンはメルカリ転売の第一人者と言われている阿部悠人という方が配信しているメルカリ専用の出品ツールです。メルカリの出品作業をツールによって自動化し、外注などに頼らずに個人でも売上を増加させるために使えるちーるとのことです。月額費用を支払うことで利用でき、売れるために必要な知識などをまとめた特典マニュアルもついてくるとか。

メルポンで調べてみると非常に稼げるという紹介をしているサイトが見受けられますが、本当にメルカリに使えば設けることができるのか。今回はメルポンの機能や月額費用などを現在のメルカリで稼ぐ方法と照らし合わせながらレビューしたいと思います。

merupon

http://merupon.jp/より引用


メルポンに搭載された機能をレビュー

以下はメルポンの紹介をしているサイト()に記載された機能の内容をもとに評価しております。

機能1≪パソコンからメルカリに出品可能≫

スマホからメルカリに出品する作業って実はかなり面倒な作業であると感じている人は多いのです。実際にスマホで出品するよりもパソコンから出品したほうが断然早いのです。メルポンを使えばパソコン上から商品の出品が可能になります。
レビュー
残念ながら、すでにメルカリの公式サイトがパソコンからの売買に対応しているため、この機能はすでに意味のないものになってしまっています。現在のメルカリツールで主流となっているのは、出品データを保存しておいてワンクリックでツールから出品できる再出品機能です。

機能2≪便利な出品予約機能で再出品も簡単≫

商品を登録しておいて出品したい時間に予約をしておくことで、狙った時間に予約出品できる機能です。メルカリには売れやすい時間帯が存在しますので、狙ったターゲット層がメルカリを起動しやすい時間帯にセットしておくことで売上がアップします。
レビュー
これは必須機能ですね。メルカリで稼ぐための主流の方法は、アカウント停止にならない程度に何度も同じ商品を出品してなるべく多数のユーザーに商品を見てもらうことです。そのため、売れやすい時間にあらかじめ予約出品しておくことでピンポイントで1ページ目に商品を掲載しておくことが売れる秘訣です。

欲を言えば自動で商品を出品し続ける機能がほしかったところ、後述する自動削除と合わせて完全自動で出品し続ける機能があれば、より作業時間は短縮できます。

機能3≪外注などの出品代行と比べ、大幅なコストダウンが可能に!≫

クラウドソーシングで出品を外注した場合、だいたい1出品30円ほどで依頼されえるのが相場。メルポンを使えば1出品15円、または使い放題で月額制で使い続けることが可能。外注先への依頼作業など、無駄な時間から解放されます。
レビュー
機能とは言いにくい部分ですが、確かにコストダウンは図れます。個人でメルカリ出品を外注している人は少ないと思いますが(様々なツールも出ていて外注する必要もない)ツールと外注を比較すれば確実にツールのほうがコスパはいいです。

機能4≪指定した時間に自動で商品を削除できる自動削除機能≫

何度も同じ商品を出品していると、もしかしたら在庫以上に注文が入ってしまうかも。その場合、お客さんにキャンセルの連絡をしたりと、あまりいい心証は与えられません。また、売れ残ってしまっている商品も残しておくと見栄えが良くありません。不要になった商品情報は一定時間で削除しておくべきなのです。
レビュー
この機能は上でも紹介した予約機能などと併用して使用するべき機能です。特に売れていない商品はどんどんページの後ろに流されてしまって購入率も下がりますし、管理も非常に面倒になります。もう売れないなと判断されたら早めに削除しておくのがいいでしょう。尚、いいねやコメントがついている商品は後ろに流れてしまっても売れる可能性が残っていますので、消さないようにしましょう。

機能5≪購入者との連絡取引をはじめ、全てのやり取りがメルポン1つで可能に≫

お客さんとの取引をすべてメルポン上で行うことができます。メッセージのやり取りはある程度定型文にすることが可能なので、メルポンに保存しておくことでワンクリックで呼び出すことが可能です。
レビュー
便利な機能ではありますが、なるべくコメントが来ないような商品説明文を作ることを意識するべきです。購入後のちょっとした連絡も商品数が増えれば、その分返答を送る回数が増えていきますので、お礼メールなどは保存しておいてもいいかもしれません。AKANE072122928_TP_V

メルポンを使うための月額費用をレビュー

メルポンには3種類の料金設定があります。用途によっておすすめのプランが変わっていきますので、1つずつレビューしたいと思います。

メルポンminiプラン

メルポンのお試しプランで、1商品15ポイント(1ポイント=1円)で出品でき、最低1500ポイントから購入できます。新規登録時に10回分の無料ポイントが付いてきます。
レビュー
メリットが特に無いプランなので、ほぼ無料お試しのためのプランだと思います。メルポンの機能がどのようなものなのか試してみて、使いにくかったら利用開始から1週間以内に契約解除の連絡を入れましょう。1週間ぎりぎりで連絡するとうまく期間内に退会できない可能性もありますので、なるべく早めに連絡しましょう。

もし使いやすくて継続を希望なら、以下のプランに変えるほうがいいです。月に100回出品などはすぐに消費してしまうと思うので、その場合はVIPプランのほうがお得です。

メルポンVIPプラン(使い放題)

メルポンの全機能が使い放題、出品費用も掛からず、上で紹介している機能がすべて使えます。月額費用は14,800円。
レビュー
メルポンを使うならこのプランがお勧めです。出品ごとにポイントを消費していては、何ポイントあっても確実に足りなくなってしまいます。無駄に費用をかけないようにするなら、初めからVIPプランを選んでおきましょう。

メルポンサポートプラン(SPプラン)

ツールの使い放題にメルカリ販売攻略のマニュアルとサポートが付いてきます。ツールのことや売れるための方法など教えてくれるものになっているらしく、売上をアップするならこのプランがいいとのこと。価格は月額で29,800円
レビュー
利益を上げるための方法を教えてくれるマニュアルが付いていて、阿部さん本人が実際にメルカリで売れた方法などが書かれているのでしょうか。メルカリでの売上に悩んでいる人にはお勧めですが、正直かなり費用が高いように思われます。毎月29,800円かかるとなると、メルカリで早々に売り上げを出さないときつくなります。imaric20160805210023_tp_v

実際にメルポンを使えば儲かる?

メルポンを使って稼ぐことは可能だと思います。機能としては最低限のものがそろっており、売れやすい商品をメルポンで繰り返し出品しておけば、以前よりも売れやすくなって、作業時間も短縮できるでしょう。売り上げに伸び悩んでいる人にはお勧めです。

結果

結果として、メルポンを使っておけばメルカリで稼ぎやすくなると思います。しかし、欠点を挙げるとすれば毎月月額費用が掛かってしまうのが難点です。VIPを半年使えば88,800円、SPプランなら178,800円もかかってしまいます。もし月にメルカリで10万円の利益が出ていたとしても、3分の1はツール代に持っていかれてしまいます。そう考えると高いですよね。

もし高いと考えるなら、買い切りタイプのツールを使ってみることをお勧めします。メルポンより多機能で追加料金も月額費用も掛からないので、より利率がアップすること間違いありません。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルカリ専用月額出品ツール徹底比較!月額でコスパ最強ツールとは?

 メルカリ専用ツールはほとんどが月額、コスパ重視で選ぶべし

メルカリ専用ツールを使うなら月額がおすすめ?

メルカリの売上アップを図るなら、確実にツールの導入は必要です。でも「メルカリ ツール」と検索してみても、膨大な種類のツールがヒットしてしまってどれを使えばいいかわかりにくいですよね。ツールには利用するために月額料金が発生するタイプと、初回購入時のみ料金が発生する買い切りタイプの2種類が存在しますが、そのほとんどは月額タイプです。

本記事では、多数存在する月額タイプのメルカリツールを徹底比較してコスパが高いツールを紹介したいと思います。

SEP_355215221321_TP_V

月額ツールを比較する基準とは|月額で重視する3つの要素

メルカリで使用する月額ツールを比較する基準は以下を参考にしましょう
  • ツールを利用するための値段
  • 再出品やリピート出品など多数の機能が搭載されているか
  • 初回購入時に特典はついているのか
月額ツールを比較する基準は上の3つです。まずはツールを利用するための月額費用です。ツールをどれだけ使用しても使用しなくても、所持している限り毎月月額費用が発生しますので、なるべく値段を安いもの、または値段に納得できるほどコスパがよいのかなどを基準にしておくといいです。

次に搭載されている機能です。メルカリでツールを使う理由は、ツールでどれだけ作業時間を短縮できるかに重点が置かれます。これで特に機能数も多くないのに高い月額費用がかかってしまったら意味がありません。最低でもワンクリックで再出品ができたり、同じ商品を自動でリピート出品してくれるかどうかを確認しておきましょう。

最後は購入時に得られる特典です。ツールによっては初回購入時にメルカリで稼ぐ方法をマニュアル化して配布してくれたり、せどりに関する知識をまとめた冊子などをつけてくれる可能性があります。同じ機能と値段のツールがあった場合、特典がついているほうを選びたくなりますよね。たいてい配布されているマニュアルは実際にメルカリで稼いでいる人が書いたものとなっていますので、売上が思ったより伸びていない人にはおすすめです。

YUKA863_ok15185909_TP_V

おすすめ月額ツール比較ランキング

では月額ツールを比較しながら紹介したいと思います。比較基準は上で紹介した3つの項目、それに+αで紹介できたらしておきます。

メルストライク ~月額ツールで最も多機能!コスパ重視で満足~


merusutoraiku

引用元:http://153.126.137.239/merstrike.com/lp3/


搭載機能
  • 手動と一括CSVの2種類でツール上から商品を出品
  • 予約機能で狙った時間に自動出品
  • Web上でアクセスするクラウドタイプなのでPC・スマホどちらにも対応
  • リアルタイムで出品されている商品データを同期
  • 商品説明文のヘッダーとフッダーにテンプレートを挿入
  • CSV一括出品で何種類でも一括に出品できる
  • 自動削除設定で不要になった商品をいつでも自動削除
  • 自動ループで取り消しと再出品を自動化(いいね、コメント考慮)
  • 取引中の全コメントを管理して履歴の再確認ができる
  • csvで粗利や利益率を自動算出
  • 付属のテンプレート挿入で商品説明文の入力を簡略化
  • 機能も充実していてシンプルな画面、コスパが非常に高い
  • 無料期間や割引時期などは設けられていない。
価格
月額14,800円(入会日から起算して1ヵ月ごとに料金発生。利用期間などがなく、退会申請をしておかないと料金が発生するときもある。)
評価
web上で管理できるツールなので、PCの容量などを気にする必要がなく、パソコンとスマホどちらでもアクセスできるのが高ポイント。簡単再出品や予約機能など出品タイミングなども細かく設定できるので、売り上げ増加にもつながりやすい。月額費用が高く感じるかもしれないが、この機能数でスマホとパソコンどちらでもアクセスできるのは使い勝手もいいので、コスパは高いと思われる。使用する時はメルカリ側にスパム判定されないよう、1日に出品する数に気を付けよう。この値段で商品のマニュアルとサポートもついてくるので、使い方がわからないこともなく、UIがシンプルなので直感的に使用しやすい。

残念な点は、メルカリで売れるための秘訣など、特典マニュアルが付かないこと。ある程度メルカリですでに売る方法を確立している人におすすめ。
レビュー
メルカリ自動出品ツール「メルストライク」の性能とレビューを紹介
公式サイト
http://153.126.137.239/merstrike.com/lp3/

メルポン ~ポイント制でPCから出品できる~


merupon

http://merupon.jp/より引用


搭載機能
  • ウェブ上で起動可能、パソコンからメルカリに出品できる
  • 予約機能で売れやすい時間帯に自動で再出品ができる
  • 出品代行と比較して大幅なコストダウン
  • 売れなかった商品の自動削除
  • コメントなどの取引管理も可能
  • 1出品ごとにポイントを消費(使い放題プランあり)
機能が少なく、公式サイトが見受けられないため細かい機能の詳細は不明。メルカリが副業としてある程度稼げると流行り初めのころにリリースされたツールだと思われます。機能面がシンプルで、メルストライクと比べると少ないです。複雑な機能が搭載されていない分、全くの初心者には使い易いのかも。アカウント登録でアドレスと氏名を登録するので、捨て垢を用意しておくのがお勧めだと思われます。
価格
1500~月額29,800円(購入内容によって変動)全部で3種類の購入プランがあり、一番安くて1出品15円の1500円ポイント購入。月額29,800円ではメルポンの全機能と開発者のメルカリ販売攻略マニュアルやグループサポートが付きます。
評価
配布者のページが1年以上前に公開されたものなので機能は非常に少ない印象。(現在PCからの出品はメルカリ公式から利用可能)

上記機能がアップデートされていない場合、今現在で使用する価値はあまりないように思われる。特に今は出品を繰り返して商品を人目に触れさせることが最も稼げる方法のため、1出品単位で料金が発生するのはあまりいただけない。また、個別にツールを配布するため、登録から利用開始まで時間がかかる可能性があると記載されているので、即座に使いたい人はあまりお勧めできないかもしれない。ツールの使い放題プランは月額14,800円で、販売攻略の教材とサポートをつける場合は29,800円。教材は魅力的だが、毎月発生する費用がかなり高いのが気になってしまう。アップデート状況などもわからないので、月額ツールの中ではコスパは高くない。
レビュー
メルカリツール「メルポン」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較
公式サイト
http://merupon.jp/

フリポン ~多機能搭載の月額ツール~


%e9%99%8d%e3%82%8a%e3%83%9d%e3%83%b3

Copyright 2015 フリポン


搭載機能
  • PCから出品が可能
  • 出品日時を指定できる出品予約機能搭載
  • ワンクリックで商品を再出品
  • 出品代行と比較して大幅なコストダウン
  • 売れなかった商品の自動削除
  • コメントなどの取引管理も可能
  • 商品購入時に定型文を自動投稿して購入者に連絡
  • 在庫管理機能
  • 売り上げ管理機能
  • 売れるためのマニュアル付き
機能はメルカリ転売に必要なものが一通りそろっており、使い勝手は非常に良さそうです。紹介ページでは随時新機能搭載予定とあるので、売上アップに必要不可欠な自動再出品機能なども搭載されているかもしれない。出品する種類が増えるにつれて予約機能だけでは作業時間が大幅に嵩張ってしまうので、搭載されていない場合は使い勝手が落ちてしまう。今後の機能強化に期待したい。
価格
ツール価格 19,800円  1出品毎に15ポイント(1ポイント=1円)
評価
自動再出品など、メルカリで稼ぐために欲しい機能が今一つ足りない印象。また、ツール本体に加えて出品するごとにポイント消費が行われるのがあまりよくない。今なら700出品分のポイントをもらえるようだが、2週間ほどで使い切ってしまうと思われるので、フリポンを使い続けるとしたらかなりの課金が必要になるかもしれません。しかし、売れるためのマニュアル付きでこの値段はかなり破格ではあるので、ツール自体はかなりいいものだと思います。現在はメルカリの公式からPCで出品できてしまうので、1出品ごとの費用がなくなればかなりコスパが高くなります。ツール代金は初回のみなので月額制とは少し違いますが、無料でもらえるポイントは一か月も持たないと思うので紹介させていただきました。
レビュー
メルカリツール「フリポン」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較
公式サイト
http://fripro.jp/fripro-buyer/

らくめる ~メルカリ転売のマニュアル付き~


%e6%a5%bd%e3%83%a1%e3%83%ab

Copyright (C) 2015 株式会社ジェント


搭載機能
  • エクセルを使って商品一括登録
  • 自動再出品と自動削除機能
  • コメントのやりとりがツール上で可能
  • 写真自動リサイズ
  • 取引連絡機能
  • 利益計算ツール「メル蔵大臣」を搭載
  • 1週間無料キャンペーンあり
必要な機能は大体そろっている印象です。恐らくツール起動タイプで、ページ内に明記されていませんが、もしかしたらブルースタックスを導入する必要があるかもしれません。大容量のマニュアルもつくようなので、メルカリ転売初心者は使ってみてもいいかもしれません。1週間無料でツールの試し利用も可能で、その期間中にキャンセルすれば費用は一切かからないそうです。しかし、キャンセル処理はpaypal上で自分で行う必要があるので少し面倒です。
価格
初月 29,800円  2ヵ月目以降 12,980円(マニュアル単品、ツール単品、サポート単品購入も可能)
評価
初月はマニュアルなど教材費が入っているので割高になっていて、2か月目からはツールとサポートのセット価格になっているようです。

実際にメルカリを副業にして初月かららくめるの価格位を稼げるかと言われると、実際には少し難しいと思います。そのうえで毎月高額利用料が発生するので、継続利用は少し考えてからの方がいいと思います。まずは1週間の無料期間もあるようなので、試してみるのがいいです。尚、サイトにて安全な無在庫販売と説明されていますが、メルカリは無在庫販売を規約で禁止しているので気を付けましょう。マニュアルの中身はメルカリで売るための手順や、商品の仕入れ先を紹介した内容になっているらしく、29,800円という高額設定から、かなりボリュームのある内容になっているものと思われます。売り方がよくわからない、もっと売り上げを伸ばしたい、仕入れ先を開拓したいと考えている人にはお勧めかもしれません。
レビュー
メルカリツール「らくめる」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較
公式サイト
http://rakumeru.com/

極メル ~web上で利用可能、会員専用掲示板付き~


%e6%a5%b5%e3%82%81%e3%82%8b

Copyright © Kiwameru


搭載機能
  • web上で簡単商品登録
  • 登録商品の自動詞出品(1日2回)
  • 発送先住所や納品書などの管理
  • 売れた商品を30分以内に自動再出品
  • 会員専用掲示板に招待
  • メールサポートつき
  • 商品登録は300件
価格
初回登録料 4,980円  継続30日 9,980円  1週間無料
評価
web上で利用可能で価格も比較的安価のため評価は高いが、一日に再出品できる回数がたった2回と少なく、狙った時間帯に再出品しなければいけないのが少し使いにくい。

当然他のメルカリ利用ユーザーも売れやすい時間帯に出品してくることが予想されるので、1日2回のみの出品では心もとない。全体の機能は他ツールと比較すると少し見劣りしてしまうので、使えるかどうかは少し見極めが必要。尚、掲示板利用は情報交換としてかなりいい機能だと思われます。最も評価が高いのは、月額費用の安さ。初回利用時は月額利用料も半額にもなるので、まだツールを使っていない初心者にはいいかもしれない。
レビュー
メルカリツール「極メル」を徹底レビュー|機能・価格・評価評判・比較
公式サイト
https://kiwameru.biz/

爆メル ~シンプルな機能数で費用も低め~


%e7%88%86%e3%83%a1%e3%83%ab

http://bakumeru.com/より引用


搭載機能
  • PCから出品が可能
  • 売れなかった商品の削除
  • ワンクリックで商品を再出品
  • 出品画像の自動リサイズ
かなり機能が少なく、シンプルなツールです。手動で出品作業や再出品作業をしておくことで疑似的に予約機能のように利用することができます。アカウント停止の危険性を配慮して出品数などに制限がかけられているようです。出品画像のリサイズは、メルカリの規定サイズに自動さサイズ変換をしてくれますが、画像を引き延ばすのではなく、左右上下に余白を入れるものなので、商品部分が小さくなってしまう可能性もあり。
価格
月額3,980円(初月のみID発行手数料で別途3,980円)
評価
シンプルな機能のため価格が抑えられているのが高評価です。しかし、自動化されている機能が少ないため、他のツールと比較すると作業時間がかかってしまう印象です。また、1IDにつき300商品が出品の上限になっているようなので、すぐに別途アカウントが必要となるかもしれません。出品数がかさむにつれて追加購入が必要となる可能性があるので、一度使ってみて感触を試すくらいでいいかもしれません。利用していると結局機能不足で他ツールに移行したくなる可能性が高いので、利用前にきちんと機能を比較してから決めましょう。
レビュー
公式サイト
http://www.bakumeru.com/

メルメル ~発展途上の機能数、アプデに期待~


%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%83%ab

Copyright © メルカリPC出品ツール「メルメル」


搭載機能
  • PCで商品出品が可能
  • 予約出品が可能
  • 月10品まで無料で出品可能
価格
0~5,980円
評価
商品ページを確認したが、あまりにも情報が少なかったため、明確な評価は入れられない。恐らく、3つのプランは上の機能を利用して出品できる数に違いがあるようだが、すでにメルカリがPC出品に対応しているため、わざわざこれを利用する必要性はないと思われる。メルカリ転売の最初期に作られたものだと思われるので、現在では利用している人はほぼいないと思われます。
レビュー
公式サイト

まとめ

いくつかの商品は最近もアップデートしている形跡が確認できましたが、すでに機能改善を行っていないツールも存在しています。月額で費用を払っているのにアップデートが行われなかったらお金を払っている意味も薄れますので、なるべく機能が豊富でアップデートも行われいるツールを使用しましょう。

本ページで紹介させてもらったツールで導入をお勧めするならば、メルストライクがおすすめです。搭載機能も豊富で頻繁にアップデートが行われているようですし、サポートも充実しています。メルカリの出品作業をなるべく楽にするために、高性能なツールを使用しましょう。安さが魅力のツールもありますが、最終的には多機能なもののほうが長く使えて利便性が高いと思うはずです。

【メルストライクの公式サイト】

http://153.126.137.239/merstrike.com/lp3/

それでも毎月かかる費用が高いと感じる人は、購入時以降は追加料金が発生しない買い切りタイプのツールをおすすめします。初回費用は少し高くなってしまいますが、搭載されている機能が豊富で定期アップデートとメールサポートもついてきます。また、2か月以上使用していれば、月額タイプよりもツール代が安くなりますので、メルカリ専用の出品ツールの中では総合的におすすめです。

関連記事:メルカリの自動出品ツールは買い切りと月額どちらが稼げるか比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一定間隔で再出品が売上アップのコツ!ツールを使って自動再出品

売上アップのコツは商品の再出品

ツールを使って同じ商品をワンクリック再出品しよう

メルカリで売上をアップするなら、ツールを使って一定間隔で商品を再出品し続けるのがコツです。これはメルカリで月に何十万と稼いでいる人たちはみんながやっているコツで、確実に商品の売れる速度や回転率が変わってきます。不思議に思うかもしれませんが、特定のキーワードで検索してみると、ページをスクロールしても同じ商品が常に表示されたりしていませんか?これは再出品されたものが毎回ページに表示されているのです。SAYA16031118IMG_9857_TP_V

メルカリで本気で稼いでいる人たちはみんなこのコツを使っています。なぜこの方法を使っているのか、それはメルカリの出品に関する仕様が関係しています。

メルカリの仕様が再出品を必要としている

メルカリで商品を検索した場合、新しく出品されたものが先に表示され、古いものはどんどん後ろのページに流されてしまいます。一度後ろに行ってしまえば、ほとんど日の目を見ることはないと思ってください。そのため、同じ商品を再出品してなるべく最初のページに表示させることで、多数のユーザーに見てもらいやすくなるので、売上が直接的にアップします。ツールを使って再出品をするのは売上アップ以外にもメリットがたくさんあります!その一部を紹介しましょう。

ツールで再出品を行うメリットとは

再出品をツールでやれば何時間節約になる?
サイト内でよく紹介していますが、ツールで再出品を行うだけで作業時間が大幅に短縮できるのです!メルカリは手動で再出品する場合、パソコンでコピペを使っても【写真選択→商品名(コピペ)→商品説明(コピペ)→カテゴリー選択→発送方法選択→配送料の負担選択→料金設定】と、半分以上は手入力が必要になります。しかしツールを使って再出品すれば【商品を選択→再出品】とワンクリックで商品が出品されます!ツール内に出品データが残っているので、作業はたったこれだけです。pak95_sunadokei20141018123010_tp_v

作業時間で表すと、手動が再出品まで2分、ツールで再出品は10秒ほどです。少ないと思いましたか?ではこれが10商品だとしましょう。手動で20分とツールが1分40秒、1時間おきに12回出品しただけで、240分(4時間)と20分まで差が出るのです。出品数と回数が増えれば増えるほど、ツールで再出品を自動化しないと作業時間が無駄に増加してしまいます。実際には梱包と発送作業にも時間がかかりますので、ちょっとしか時間でお小遣いゲット!なんてことにはなりませんね。
再出品が増えると売上アップ!?
在庫は一つしかないからといって、再出品してはいけないなんてことはありません!実は再出品してどんどん履歴を増やしておくと、その分売上アップにつながるのです。特定のキーワードで検索して、1ページ目に気になった商品がなかった場合、どんどん次のページにさかのぼりますよね。その時にページごとに同じ商品が出品されている場合、先ほどまで興味を持てなかったのに、次第に気になってしまうものなのです。

同じ商品を一定間隔で見続けると、その分クリック率はページをさかのぼるごとにアップします。1ページ目で売れなかったとしても、何度もユーザーの目にいれることで、買われる可能性はグンッ!とあがります。もし在庫が切れてしまったら出品を一時停止しておけばいいだけなので、ツールでどんどん再出品しておくべきなのです!

どんなツールを使えばいいの?

さんざんメルカリはツールで再出品するのがいいと紹介してきましたが、実際にどのツールを使えばいいのかわかりにくいですよね。お勧めは買い切りタイプのツールです。月額タイプでもいいのですが、2か月目以降は月額タイプのほうが利用料が高くなるので、買い切りタイプに初期投資してさっさと費用を回収してしまうのがお勧めです。

一応メルカリに使える出品ツールの比較をまとめていますので、機能や価格差などを参考にしてみるのをお勧めします。

関連記事:メルカリ専用自動出品ツール徹底比較!月に10万円以上稼げるツールを比較!

まとめ

メルカリで稼ぐなら、とにかくツールで再出品が大事です。この方法を使わないと、仕事で疲れて帰ってきたあと、何時間も作業する羽目になってしまいます。メルカリで月に何十万と稼ぐなら、とにかく作業時間を短縮し、利益を最大化することを考えながら販売していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン用のメルカリツールは再出品・予約・自動削除と多機能搭載!

メルカリで稼ぐならパソコン専用の自動出品ツールを使え!

稼ぐ人はスマホよりパソコンでアクセス!理由はツールがあるから

メルカリで月収10万円以上稼いでいる人たちは、確実にスマホではなくパソコンからアクセスして商品を出品しています。その理由は2つです。1つ目はスマホよりもパソコンのほうが出品作業が楽なこと、2つ目はメルカリ用の出品ツールをパソコンで使えることです。スマホでは操作がしにくかったり、同じ商品を連続して出品しにくいという特徴があり、圧倒的にパソコンでアクセスしたほうが楽です。さらにツールで再出品、予約出品、不要な商品の自動削除など、面倒な操作をすべてワンクリックでやってくれるのです。

無駄に時間を使って10万円稼いでも意味がありません、副業をするなら可能な限り短い時間で10万円を稼げくことが大事です。AKANE072122928_TP_V

パソコンでツールを使うと稼げるの?

はっきりと稼げるとは言えないですが、稼いでいる人たちは必ずと言っていいほどパソコンにツールを入れてメルカリで運用しています。自分が常日頃操作していなくても、パソコンを起動している状態でツールを使えば、外出している間でも自動で商品を出品し続けてくれるのです。

いまメルカリで稼ぐなら、アカウント停止にならない程度に何度も商品を出品して、多数のユーザーに見てもらうことが最も主流な稼ぐ方法です。それを実現するために、パソコンにツールを入れて運用しているのです。

パソコン専用のメルカリツールにはどんな機能がある?

ツールによって機能が変わってきますが、おすすめのツールは以下のような機能が搭載されています。使い方が難しい機能もなく、パソコン上でワンクリックで各機能が使えるので、無駄な作業時間もかからずにメルカリの売り上げアップが期待できます!ツールには買い切りタイプと月額タイプがありますが、ここでは買い切りタイプを中心に紹介します。
1.予約出品機能
メルカリで出品する商品のターゲットがアクセスしやすい時間帯に予め予約出品を設定しておけば、それだけで売り上げアップが見込めます!特にお昼頃にアクセスしやすい主婦層を狙うなら、日中に仕事などで外出しているとメルカリに出品しにくいですよね。

サラリーマンなどは出勤と帰宅時間など売れやすい時間帯は異なるので、狙った時間に出品できるのはかなりありがたい機能だと思います。その時間にすぐ買われなくても、いいねして後々に再検討して買われる可能性も高くなりますので、狙ったユーザーの目を止めるように予約出品しましょう。予約出品機能
2.再出品機能
スマホで一番使いにくいのは、商品の再出品がしにくいこと。それをパソコンでは、メモ帳などに商品説明を残しておくだけで、コピペですぐに再出品できます。なんとツールではその作業も簡略化!過去に一度出品していればデータを保存しておいて、たったワンクリックで再出品できます!コピペもなにも不要で、10秒もかからずに再出品が可能です。再出品機能
3.コメント・取引連絡機能
メルカリはコメントで商品についての質問や、値引き交渉などが日常茶飯事に投稿されます。コメント一つ一つが買われる可能性であると思っていいと思います。なるべくなら商品説明に事細かく書いて、質問も不要で即決してもらいたいものですが、やはりそこは難しい。そして購入後もきちんとコメント対応することが評価につながってきます。

パソコンからのアクセスでもいいのですが、ツールを介しておけば、後々履歴を確認するのも非常に楽なので、リピーターになってくれた時に対応がしやすくなります。

コメント・取引連絡機能
4.CSV出品機能
たくさんの商品を出品する予定なら、1個ずつ出品していては時間の無駄です。せっかくパソコンでツールを使っているので、スマホではできないやり方で一括出品しましょう。CSVの出番です。エクセルで設定された項目に商品情報を記入してツールに読み込ませるだけで、大量の商品でも一括で登録して出品することができます。また、家に眠っている不用品も一つや二つじゃおさまらないこともありますよね。

そんな時はCSV出品機能で一発で出品して早々に売ってしまいましょう。
CSV出品機能
5.自動ループ出品機能
今メルカリで稼ぐための方法で主流なのが、同じ商品を何度も出品して多数のユーザーに見てもらうことで売り上げアップを狙うことです。メルカリは新しく出品された商品が1ページ目に表示される仕様なので、一定間隔で出品し続けることで、多数のユーザーに商品を見られやすくします。これを手動でやると1時間ごととかにメルカリにアクセスしてコピペで出品しなければならないので、非常に手間がかかります。

ツールによっては、出品商品にいいねやコメントが付かなかったら、一定時間たつと自動で再出品してくれるものもあります(おすすめのツールにはついてます)だから放っておくだけでどんどん商品の再出品を自動で行ってくれるのです。

自動ループ出品機能
6.自動削除機能
自動ループ機能と一緒に使う機能です。出品してもいいねやコメントが付かなかったということは、商品がユーザーに見られなかったということ。放っておけば、ほかの商品とともにどんどん後ろに埋もれていって、見られる機会もどんどん減ります。でも出品履歴には残っているので、管理が非常に面倒ですよね。そんな邪魔になった出品履歴を自動で削除してくれます。削除された分、また再出品が行われるので、検索上に自分の商品がなくなることはありません!自動削除機能
7.テンプレート機能
メルカリでは商品説明で売れるかどうかに明暗が分かれます。一度売れた商品の商品説明をテンプレートとして保存しておくことで、同ジャンルで別商品を出品する際にも使いまわしが可能で作業工数も格段に少なくなります。商品の割引状態だったり在庫数、商品のサイズなどの特徴、その他備考と段階に別けた説明文を作っておけば、ほかの商品を出品する場合にも使いまわしがききやすくて便利です。テンプレート管理機能

その他の機能

ほかにも便利な機能が搭載されてます。

・指定した条件にあった商品を自動抽出するアラート機能
・メルカリの出品者をお気に入り登録できる機能
・10種類以上のフィルターでお宝商品を狙える検索機能
・いいね!した商品を一元管理できる機能
・フリマキングから出品した商品の売上や粗利益を管理できる売上管理機能

これらの機能を最大限活用すれば、一日数時間の作業で月収100万も夢ではありません!

お勧めのメルカリ専用自動出品ツールはこちら

fk_header01_02

まとめ

メルカリで稼ぐためには、パソコンでツールを使って商品を出品し続けるのが最善です。メルカリを副業にして、さらに作業時間もほとんどかけずに月収10万円も稼げたら、欲しいものもすぐに買えるし貯金もどんどん増えていきます!作業時間がたくさんかかってしまっては副業としての価値はありません!ツールを使って無駄な作業時間をすべて短縮し、月収10万円を手にしましょう!

関連記事;メルカリ専用自動出品ツール徹底比較!月に10万円以上稼げるツールを比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加